株式会社しんこう

ホーム > 会社案内 > 沿革

会社案内

沿革

1950年  創業者 越野菊太郎が戸畑市〔現北九州市戸畑区〕で菓子卸のかたわら
      「かりんとう」の生産を始める。

1954年  真光製菓株式会社を設立し、「小柳かりんとう」の製造卸をスタートする。

1966年  工場が手狭になり、小倉北区に工場、事務所を新設する。

1974年  組織変更し、株式会社真光として再スタートする。
       あられ部門「どんど揚げ」の発売。

1982年  油菓子3つ目の柱として、「ハニードーナツ」を発売。

1985年  油菓子の専業メーカーとして、現在地小倉南区に新工場を設立。

1987年  「工場直送揚げたてフェア」の店頭企画展開を始める。

1989年  「小さなドーナツパーティーBOX」の発売。

1990年  大阪出張所 開設。

1991年  広島出張所 開設。

1994年  「あんドーナツ」を加え、ドーナツのフルライン化。

1996年  北関東、名古屋出張所開設。

1997年  焼菓子(どら焼)への進出。
      企業買収により、飲料商品(ポリジュース)の生産を開始。

2002年  本社工場リニューアルと飲料工場の建設。
      「九州うま菓モンシリーズ」の発売。

2003年  創業50周年を機にCI。社名を(株)しんこうに変更する。
       50周年企画「九州うま菓モンファクトリーパック」の発売。

2004年  ISO9001の取得。
        焼菓子第2弾として、「プチスイーツ」シリーズの販売開始。

2006年  焼菓子ラインを2ラインに増設。

2007年  時代の流れと共に、昭和29年から54年間操業したかりんとうの歴史に幕を閉じた。

2008年  揚げ煎ラインの増設。

2009年  関連会社「スイーツショップファボリ」をオープン。

2010年  大阪中小企業投資育成(株)による増資により資本金7,500万円となる。

2011年  東日本大震災被災地への支援物資の提供。

2012年  第一回「しんこうお菓子祭り」の開催。

2013年  第二回「しんこうお菓子祭り」の開催。

2014年  第三回「しんこうお菓子祭り」の開催。
        定番商品である「どんど揚げ」40周年企画として、パッケージデザインのリニューアル。
        北九州市食品ブランド化プロジェクトの一環として、「北九いいと 味あられ」の発売。
        新たな形状のドーナツ商品「スティックドーナツ」を発売。

2015年  第四回「しんこうお菓子祭り」の開催。
        九州うま菓モンシリーズの新形態として、あられ・かりんとう商品の詰め合わせセットを発売。
       それに伴い、かりんとうラインの復活。
        飲料商品の新たな食感を追求した「ソフティーアイス」を発売。

2016年  第五回「しんこうお菓子祭り」の開催。
       新店舗として「菓匠きくたろう」の設立。
       熊本・大分大震災への復興支援として、「元気発信!!九州うま菓モン」を発売。

2017年  第六回「しんこうお菓子祭り」の開催。

2018年  「フルーツゼリー」「ヨーグルゼリー」の販売開始。

▲ ページの先頭に戻る